ZEH

ZEH対応の家

 様々な新しい技術が開発されていますが、住宅業界ではローコスト住宅やデザインが重要視されてきました。そのため、四季による気温の変化や結露に悩まされ、建築から30年後には建て替えやリフォームを行わなければならないような、住宅が今でも建て続けられています。

 私たちはそんな建築業界を変えるべく住宅性能にこだわり、信頼できる専属大工職人のみで建築を行ない、高気密・高断熱な外断熱の家やZEH住宅にも対応しています。全ては、熊本工務店の家に住まう方全員に「快適な家で幸せに暮らしていただきたい」という想いからです。

 近年、日本政府も住宅性能に目を向け始め、長期優良住宅を推奨するようになりました。ようやく日本が国としてZEHや高性能住宅を増やす事に本気になってきたと感じています。

ZEHとは

 ZEHは、ネット・ゼロ(Z)・エネルギー(E)・ハウス(H)の略で、住宅の「年間消費エネルギー量」が「省エネ」と「創エネ」を合わせる事で「実質0以下」になる住宅を言います。分かりやすく言うと「消費するエネルギーよりも、創り出すエネルギーの方が多くなった住宅」の事です。国が「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を立て推進していた事もあり、今後、日本はZEHを基本として温室効果ガス削減に取り組み、地球環境に優しい暮らしを実現していく事になります。

消費エネルギーを「減らし」「創って」「ゼロ」にする

ZEHの仕組み

ZEHの仕組み

※一次エネルギー消費量とは

 建築や住宅で消費するエネルギー(二次エネルギー)を一次エネルギーに換算した値の事です。一次エネルギーとは、発電のために必要な石油天然ガスなどの化石燃料や水力や太陽光など、自然界に存在しているものから得られるエネルギーの事です。一次エネルギーを加工してつくられる電気やガスなどは二次エネルギーと言われます。家庭で使用するエアコンや給湯器、照明などの二次エネルギー消費量を減らす事で、元となる一次エネルギーを減らす事に繋がります。

①断熱 高気密・高断熱の高性能住宅
高断熱サッシ(樹脂サッシ)
②省エネ 高効率給湯器
高効率エアコン
熱交換型換気システム
LED照明など
③創エネ 太陽光発電システム
エネファームなど

家計にやさしい高性能住宅

 住宅性能別に年間の電気料金を比較してみます。一般住宅の場合、年間電気料金は122,902円程度になります。

 低燃費住宅の場合、年間電気料金は90,827円程度になり32,075円(約26%)も電気料金が削減できています。家を建てるのにかかる金額から比べると小さな金額のような気がしてしまうかもしれませんが、一般的なローンの期間である35年に換算すると、なんと1,122,625円の削減が可能になります。

家計にやさしい高性能住宅

 地球環境に優しい住宅は家計にも優しいのです。これから住宅の建築を検討される方は、地球環境にも家計にもやさしい高性能住宅の建築をお勧めします。