長期優良住宅

長期優良住宅
家づくりは一生に一度のこと
だから90年以上安心して暮らせる家を

 熊本工務店では、お客様自身はもちろん、お子様やお孫様の代まで安心して暮らしていただけるように、長期優良住宅を標準仕様としています。

長期優良住宅とは

 長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の基準をクリアし、認定を受けている家の事です。申請に手間がかかるため、認定を避ける建築会社もありますが、長期優良住宅には様々な優遇があり、お客様の利益を守る事にも繋がります。

長期優良住宅の認定条件

 ただし、「長期優良住宅=高性能住宅」ではないためお気を付けください。長期優良住宅の認定は、上記の最低限の条件を達成すれば、比較的簡単に受けられてしまうためです。本当に大切なのは、高性能な長期優良住宅を高精度な施工で建てるという事です。

長期優良住宅で受けられる特典

 長期優良住宅は、税制やフラット35金利などの優遇が受けられます。

住宅ローン減税
住宅ローン金利優遇
すまい給付金(最大50万円)
グリーン住宅ポイント(40万ポイント)
その他の税制優遇

住宅ローン減税とは

 住宅ローンで家を建てると「住宅借入金等特別控除」が適用できます。長期優良住宅では、一般の住宅と比べて所得税の控除額が大きくなります。

住宅ローン金利の優遇

 フラット35を利用する際には、借入金利を一定期間引下げる【フラット35S】の「金利Aプラン:10年金利引下げタイプ」を利用する事ができます。

なぜ長期優良住宅が当たり前にならないのか

 このようにメリットの多い「長期優良住宅」が、住宅建築の標準仕様になっていないのは何故でしょう?そこには住宅建築会社側の理由があります。

  • 長期優良住宅を積極的に建てない理由

    これまでの仕様を変更するのに多くのコストが必要になる
    申請のノウハウや施工の高い技術力に対応が難しいため
    申請に通常より約1ヶ月ほど時間がかかり資金の回収が遅れてしまう
  • 長期優良住宅を建てない会社で言われる事

    メリットよりもコストが多くかかります
    自由な間取りが実現できなくなります
    申請に時間が掛かり着工が遅れます
    長期優良”仕様”なので長期優良住宅と同等です

    これらが、長期優良住宅の建築に積極的に取り組まない住宅建築会社が言う事です。

価値ある長期優良住宅とは

 長期優良住宅を勧めない理由は建築会社側の都合による事が多く、お客様にとってはデメリットの方が大きいのです。これから家づくりを始める方は、長期優良住宅にする事で大きな安心感を持って一生涯を過ごす事ができます。さらに、税制の優遇やローン金利の引き下げなどから、家計にも優しい暮らしとなります。

 長期的な視点でコストパフォーマンスを最大化するためにも、長期優良住宅を建てる際には、最低限の条件の達成を目指すのではなく、高性能な長期優良住宅を高精度な施工で建てるという事が大切です。