耐震

大切な人の命を守る耐震性能

 地震大国と言われるほど地震の多い日本。熊本県では2016年の4月14日と16日に発生した熊本地震により益城町などで震度7を観測。震度6以上の揺れを短期間で7回も記録したこの地震により、8289軒もの住宅が全壊し、31032棟もの住宅が半壊するなど甚大な被害をもたらしました。考えたくもない事ですが、万が一同じような地震が発生した場合、大切な家族の命を守るためには家の「耐震性能」が非常に大切になります。

熊本工務店の耐震対策

  • 01 対策

    耐震等級2以上

  •  2000年に定められた品確法にて、家を建てる方が耐震の性能を確認できるように3段階になった耐震等級が設定されました。熊本工務店では、耐震等級2を標準仕様とし、耐震等級3の建築にも対応しています。

     実際に熊本地震の後に益城町周辺でおこなわれた調査によると、耐震等級3の住宅16棟のうち無被害が14棟、軽度の損壊が2棟と、あれだけの大災害にも関わらず耐震等級3の住宅では大きな損害がありませんでした。地震への対策にこだわられる方には耐震等級3の住宅をオススメします。

  • 02 対策

    横揺れに強いハイブリット工法を採用

  •  これまでの家は、地震による横揺れを「筋交い」で支えてきました。しかし、最近起こっている地震では、筋交いだけでは揺れに耐えられず、住宅が倒壊する事態が起こっています。そこで熊本工務店では、柱と筋交いで家を支える「在来工法」に、壁で家を支える「2×4(ツーバイフォー)工法」の技術を組み合わせた「ハイブリッド工法」をオススメしています。

    工法ごとの特徴

    在来工法

     柱・梁・筋交い・土台などで家をつくる日本で古くから行われている工法です。設計の自由度が高い事や、高い耐久性などの特徴があります。

    在来工法
    2×4(ツーバイフォー)工法

     2inch × 4inchの枠材と合板で家をつくる壁式工法です。「面」で外部からの力に対応するので、高い耐震性や耐風性があります。

    2×4工法
    ハイブリット工法

     在来工法と2×4工法の良い部分を組み合わせた工法です。柱・筋交い・壁の3つで家を支え、地震などによる「横揺れ」への高い耐久性があります。

    ハイブリット工法

耐力面材「あんしん」とは

 総合的な性能に優れた建材で、JIS規格「木材保存材の性能試験」で高い「対朽性」を示しました。90年以上住める長期優良住宅において、これ以上ない建材と言えます。※下の図は耐力面材「あんしん」と木質構造用パネル、構造用合板の3つを比較した結果です。

耐力面材「あんしん」 耐力面材「あんしん」の説明