結露

結露の被害

 冬場や梅雨時に、窓ガラスに結露がビッシリついていて、カーテンや窓のサッシまで濡れていた事はありませんか?そして、「気がついたらカビが発生していた」という経験は?「結露ぐらい」と思ってそのままにしておくと、カビやダニが発生する原因となり、さらには大切な家の柱や基礎までも腐食させます。一生暮らす家だからこそ、結露がなぜ発生するのかを理解して、しっかりとした結露対策をとる事が重要です。

結露とは

結露

 空気中の水蒸気が、温度の変化などによって水滴に姿を変えたのが「結露」です。結露は、お子様や大切な家族の健康を損なうカビや、家の耐久性を奪うシロアリや腐朽菌の要因にもなります。健康を損なうだけでなく、建物の寿命が縮まる原因にもなる恐ろしいものなのです。

結露発生のメカニズム

結露発生のメカニズム

結露で起こる悪い影響

家の寿命が短くなる

家の寿命が短くなる

 窓に発生する目に見える結露よりも恐ろしいのが「内部結露」です。内部結露は壁内結露とも呼ばれます。断熱材として日本の多くの住宅で使用されているグラスウールには、吸水性があるため湿気を吸い込みます。すると目に見えない壁の内側で、柱などの構造体や土台を腐食させる菌が発生し、家の耐久性を低下させてしまいます。内部結露により腐ってしまった木材は、シロアリの繁殖に適した環境となってしまいます。

実際の被害の様子
結露の被害の様子

カビの原因になる

 壁の内側に湿気が溜まると、たくさんのカビも発生してしまいます。カビが一度発生すると完全に取り除く事は難しく、カビを餌にしてダニまで繁殖してしまいます。また、気密性の低い家の場合、隙間部分からさらにカビの菌やダニが飛んできてしまうのです。

実際の被害の様子
カビの被害の様子

シックハウス症候群

 シックハウス症候群は、住宅などに使われる接着剤等に含まれるホルムアルデヒドや、結露により発生したカビやダニが空気を汚し、その空気を人が吸い込んで体に蓄積されて起きてしまうと言われています。石油や化学物質でつくられた建材や接着剤、防虫防カビ剤がたくさん使われた合板などが普及した事で広がっていったシックハウス症候群。そのため、平成14年に「シックハウス法」が施行されました。シックハウス症候群を防ぐためには、この法をクリアするだけでなく、自然の素材を積極的に使用し、有毒な化学物質が入っていない自然塗料や接着剤を使用する事。さらに、住宅の換気計画を正しくおこなう事。さらに、カビやダニ発生の原因となる「結露の起こらない家をつくる」という事が大切です。

シックハウス症候群

熊本工務店の結露対策

 結露を防ぐには、「余計な水蒸気を発生させない」「水蒸気を外に排出する」「適切な換気をおこなう事」が大切です。また、結露は温度差のある場所にも発生するため、家の内外に熱を伝えるヒートブリッジをなくし、家中の温度差をできる限りなくす事も重要です。このような条件をクリアし結露を防ぐため、熊本工務店では3つの対策をおこなっています。

  • 01 対策

    外気の影響を受けない家づくり

  •  外断熱工法で、柱や基礎などの構造を断熱材で包むので、外気と室内の温度差による結露が起こりません。また、熱伝導の少ない「高性能樹脂サッシ」を使用し、窓の結露も起こりません。外断熱によって、屋根や壁の断熱性能が高まると、壁よりも窓の方が熱の移動が大きくなります。夏や冬に窓の近くに行くと暑さや寒さを余計に感じるのはそのためです。そこで、断熱性能の高い家をつくる場合、断熱性能の高い高性能な窓を使用する事が必要になります。日本では、安価で加工しやすいという理由からアルミサッシが普及し、現在も多くの家づくりに使用されています。しかし、このアルミサッシこそが寒さや結露の最大の原因になっているのです。それは、「アルミは樹脂に比べて1000倍も熱を通しやすい」というのが理由です。そのため、熊本工務店では高性能樹脂サッシを標準仕様にしています。

  • 02 対策

    適切な換気計画

  • 適切な換気計画

     家の空気が2時間に1回入れ替わる循環システムを採用しています。それにより、屋根裏から床下まで湿気を含んだ空気の滞留を許しません。ここで注意していただきたいのは、「24時間換気は気密性が高くなければ性能を発揮できない」という事です。具体的には気密値(C値)を0.7以下にする事が絶対条件となります。

    適切な換気計画
  • 03 対策

    ヒートブリッジをつくらない

  • ヒートブリッジをつくらない

     断熱欠損と呼ばれる断熱や気密の隙間部分には、家の内外の熱が伝わってしまう「ヒートブリッジ」ができてしまい、温度差による結露が発生してしまいます。熊本工務店は、高い施工技術でヒートブリッジをつくりません。

高性能樹脂窓の特徴

  • 1:窓から熱を逃さない

     アルミの1000倍も熱を通しにくい樹脂製のフレームと、空気と比べて熱伝導率が約30%も低いアルゴンガスを封入したLow-E複層ガラスの組み合わせには優れた断熱性能があります。多くの住宅で使われているアルミサッシと比べて、樹脂サッシは約78%も熱を通しにくく、冬も結露が発生しません。-E複層ガラスの組み合わせには優れた断熱性能があります。多くの住宅で使われているアルミサッシと比べて、樹脂サッシは約78%も熱を通しにくいため冬も結露が発生しません。

    窓から熱を逃さない
  • 2:高い気密性を保持する

     枠と障子の両方に備えた2重シール構造と独自のロック機構で、JISの最高等級「A-4等級」を大きく上回る気密性能を持っています。

    高い気密性を保持する 高い気密性を保持する
  • 3:高い遮音性能

     気密性能が高い家は、遮音性も高まります。車が多い道路の側にある住宅では、特に遮音性の高さが実感でき、驚くほど静かで快適な家が実現できます。

    高い遮音性能