お客さまの声

営業、工務、社長さんの人間性で決めました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:以前、ここに建って住んでいた家は、親父の生家だったんですよ。戦後の混乱期に祖父が建てたもので、築60年は超えていました(笑)。祖父母が亡くなってからしばらくは空き家になっていたんですが、私たちが結婚するときに「空いているから住んでみたらどうや?」と親父から話があり、「じゃあ、とりあえず住んでみようか」ということで住んでいたんです。でも、とにかく古くて、ろくに基礎もないし、梁なんかは電気の配線がむき出しだし、あちこちガタが来ていてすき間だらけで寒いし、住み心地がよいとはお世辞にも言えませんでしたので、当初はリフォームを考えていたんです。でも、軽くリフォームするだけでも1000万円近くのお金がかかると聞いて、「それならいっそ建て替えようか」という考えに傾いてきました。

熊本工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:私の仕事の関係で、実際に何度か熊本工務店さんの現場を見せていただく機会があったんです。熊本工務店さんの家には、業者の目から見ても心をつかまれるような魅力を感じましたね。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:一つも見に行っていないですよ(笑)。他社を見に行っていたら、参考になったことはあったかなと言う話を後でしたことはありますけど。仕事でちょっと建築をかじっていましたので、自分がお客の立場になってあちこち見て回るという発想が無かったんですよね(笑)。

最終的に、熊本工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:仕事で熊本工務店さんと関わったときに感じた、営業、工務、社長さん、皆さんの人間味が大きな要素でした。スタッフの方々の人間性というんでしょうか、そのことに信頼感を持っていたのが理由です。

以前お住まいだった家での不満点はありますか?

ご主人:基本的に「住めば都」という考えではあったんですけど、そうも言っていられないことは多々ありましたね(笑)。

奥様:ムカデはよく出てくるし、ネズミは住んでるし。

ご主人:ネズミは屋根裏に住み着いていて、寝ているとカリカリうるさいので壁を蹴るんですよ。そしたら10分ぐらいは静かになるんですけど、10分したらまたカリカリと……

奥様:(笑)。

ご主人:何しろ昔の家ですからムダに広さだけはあって、半分ぐらいは使っていなかったです。祖父が使っていたベッドがそのまま置いてある部屋もあったりで。それから、前の家ではストーブの上に水を張った鍋を置いておくと、朝起きたら凍っている時もありました(笑)。前の家の場合はすき間と呼ぶにはおさまらず、3センチぐらいすき間があったところもありましたからね。階段も急だったので、何度も転げ落ちたりして。

その不満は新しい家で解消できましたか?

ご主人:もう完全に解消できましたね。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:熊本工務店さんに対しては何も不満はなかったんですが、何しろちょうど地鎮祭の前日に1回目の熊本地震がありましたから。「これからどうなるんだろう?」という不安は正直ありましたね。地鎮祭にも行けませんでしたし。「予定どおりに資材が調達できないんじゃないか?」「そうしたら工期も大幅に遅れるんじゃないか」といった心配はあったけど、そんな中でも順調に工事を進めていただいたことに感謝しています。

熊本工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:何もないです。野田さんは「メンテナンス対応が遅かったという声がある」とおっしゃったけど、地震なんかもあったりしたし、仕方ないと思います。

逆に、熊本工務店の対応で、良かったところを教えてください。

奥様:木材リノベーションを担当している清高さんには、使いやすい収納をつくっていただいて感謝しています。

ご主人:私もタイルを貼ったり、家づくりに参加していたのですが、下地をやり替えてもらったり、大工さんにはいろいろな要望を聞いていただきましたね。

新しい家でのご家族での暮らしはどうですか?

ご主人:息子に独立した部屋をつくってやれたのがよかったですね。私としては、玄関を広めにしてもらって、ちゃんとしたサーフボード置き場ができたのが嬉しいです(笑)。それから、納戸をつくってもらったので、片付けがしやすくなったこととか、急な階段がなくなったので、安心して上り下りができるのもいいですね。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

ご主人:家を建てようと思ったら、あんなにたくさん書き物をしなければいけなんですね。知りませんでした。皆さんも覚悟しておいてください(笑)。「ああ、これだけ大事なことをするんだ!」と、そこで腹が据わりましたよ。後悔という部分では、開口部を「完全に開け放せるようにすればよかった」とは想いました、何も考えていなかったからそうなったと思っているので、建てる前にどんなつくりにするのか、しっかり検討してください。それから、敷地面積に余裕がある場合は、迷ったら「大は小を兼ねる」の考え方で、広めの家にしてもいいと思います。例えば、家に入ってすぐの廊下は最後の最後の図面で広くしてもらったのですが、広めにしたことで使い勝手がいいです。バカでかい家は必要ないですけど(笑)