代表挨拶

住まいとは、そこにお住まいになるご家族にとっていつまでも安らげる場所であること。ご家族の人生に長く寄り添える家であることが大切だという想いで、昭和29年(1954年)の創業から今日まで歩んできました。

そして、私たちが掲げる「おっ!」をつくるという理念。これは驚きや喜びから生まれる幸せを、より多くの人々へ100年先まで届けられるようにという想いから生まれました。

創業当時は、地元熊本にある保育園や小学校の机や椅子などを作る小さな木工所でしたが、木の素晴らしさを多くの人々に届けたいという想いから事業を拡大。平成元年(1989年)より本格的に建築業へ移行しました。

その後、令和2年(2020年)より外断熱の高気密高断熱住宅に取り組み、高性能住宅をお届けすることでいつまでも安らげる家づくりを実現させていただいております。

これまでたくさんの方々に支えていただいた会社を次の世代に繋げるため、前社長の宮川より歴史と想いを引継ぎ令和3年12月1日に代表取締役社長に就任いたしました。

地元熊本の方々に愛されて頼られる、次世代にもなくてはならない存在を目指してまいります。そして、木の香りが心地よい世界にひとつだけの住まいを提供いたします。

熊本工務店では、伝統的な工法を継承しつつ最新の建築工法にも対応し、培ってきた技術と経験を活かしながら地域の皆様に支持される建築会社を目指してまいります。

代表取締役

麻上 智史