お客さまの声

もう住んで何年も経ってますけど、いまだに木の良い香りが家中に広がっています

まず、この家の気に入っているところから教えてください。

ご主人:間違いなく外観ですよね。外から見て、すごいなって(笑)そこの角を曲がった瞬間に「おー」ってなります。

奥様:皆さん玄関に来られて言うのが、木の匂いがすごいって。私達ずっと住んでるから分かんないけど。住んでもう何年も経ちますけど、いまだに木の匂いがすごく良いって言われるのは凄いと思いますし、素直に嬉しいです。

ご主人:玄関に使った桜の木が匂うのかな。自分達は鼻がもうマヒしてますけど。やっぱり会社なんかにお客さん来てもらうと、いい香りですねって、やっぱり言われますもんね。

家を購入しようと思ったきっかけは何ですか?

奥様:私たちの場合は、ちょっと他の人と違うと思うんですけど、母が病気になったことがきっかけでした。もしも母が病気になって介護が必要になった時に、病院には入れずに私が自宅で世話をしようと考えたんです。それで、私がまだ独身時代にこの家を建てようと決めたんです。

ご主人:妻と私が知り合ったのは、妻とお義父さんがこの家を建て始めた頃だったんです。

奥様:母が病気になったのは私がまだ独身のときで、そのときは結婚するつもりもありませんでした。だから、間取りもリビングのほかは寝室が2部屋あるだけなんですよ。

ご主人:デートの前には、いつもここの建築現場へ来ていました。まず大工さんにコーヒーを差し入れて、それからデートでしたね。

奥様:懐かしい(笑)。

ご主人:初めて建築途中のこの家を見たときは、この広さで3部屋しかないことに驚きましたよ(笑)。今では子ども2人にも恵まれたのですが、家の中が広いので、間仕切りをしたりしてうまく使っています。

熊本工務店を、いつ、どのように知りましたか?

奥様:兄からの紹介です。それに、父が昔からこういう純和風の平屋建てが好きでしたから、迷わずに決めました。建てている間は、近所でうわさになっていたそうなんですよ。「あそこに神社ができるらしい」「いや、お寺やろ?」「違う、あれはきっとヤクザの家や」と(笑)。ここのすぐ近くに私の同級生が住んでいるんですけど、その子もやっぱり「一体どんな人が住むんだろう?」と思っていたそうなんです。そしたら住み始めたのが私だったので、「えーっ!」となったと笑っていました(笑)。

ご主人:(笑)

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

奥様:住宅展示場へは行きましたけど、内装の参考程度に行っただけですね。他に比較検討したところはなく、父の一存で熊本工務店さんに決めたと言ってもいいほどです。

最終的に、熊本工務店を選んだ理由を教えてください。

奥様:スポンサーが父でしたから、父の好みと趣味で決めさせていただきました。私も、何も文句もありませんでしたよ(笑)。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

奥様:以前は、妹の家に同居していたんです。私は夜勤でずっと働いていて、家には寝に帰るだけなので借りるのももったいないと思いまして。「寝るスペースと荷物を置くスペースをちょっと分けて」という感じで住まわせてもらっていたので、何の不満もありませんでした。いつも朝の10時ごろに帰ってきて、寝て、お昼の3時過ぎにはまた仕事に出ていっていましたから、本当に寝に帰るだけだったんです(笑)。

ご主人:私は結婚前は社宅に住んでいましたので、結構広かったんです。使っていなかった部屋もあったくらい。正直、二人とも、どこにでも住めるタイプの人間なんですよね(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

奥様:全くありません(笑)。夜勤が多くて、打ち合わせする時間がなかったのもありますけど、もっぱら父が対応してくれましたので。兄もいますし。

ご主人:あの飾り柱は大変だったんじゃないの? お父さんが「色がいかん! 色がいかん!」と言って、何度も剥がしたり塗り直したりしていたのを覚えています。

奥様:あれは大変でした(笑)。でも、苦労はそれくらいでしたね。

熊本工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:熊本工務店さんが、という訳ではないんですけど、残念だったのは建てて2年後に震災に遭ったことかな。

奥様:塗り壁にしていたので、地震の時に外壁がバラバラっと落ちたことはありましたね。でもまあ、和風の家にこだわりたかったので、そこは仕方ないです。自然災害だしね。

ご主人:この辺は、1回目が震度6強で、2回目が震度7だったと思います。瓦も落ちましたもんね。あと、いまだに玄関の鍵が調子悪いかな。

逆に、熊本工務店の対応で、よかったところを教えてください。

奥様:仕事自体は、全体にすごく丁寧にしていただいたと思っています(笑)。値段にしても、この家をつくるとなると普通の建築会社だとかなりの高額になると思うんですけど、そこをかなり頑張って抑えてもらいました。本当、感謝しています。

ご主人:全国的に建築材料費が値上がりする前だったのもよかったかなと思います。

新しい家での家族での暮らしはどんな感じですか?

ご主人:子育てには、とてもよい環境だと感じています。

奥様:男の子2人で、毎日、伸び伸びと走り回っています。今、9歳と6歳です。外から玄関ホールに走りながら入ってきて、家の中でもずっと走っていますよ(笑)。

ご主人:そうやって騒いでも何の問題もないのがいいところです(笑)。

奥様:庭も広く取ったので、農作業も楽しんでいるんですよ。この間は、白菜を初めて収穫しました(笑)。子どもが小さいうちは子どもに手を取られてなかなかできなかったんですけど、これからはもっともっと畑に力を入れたいですね。

ご主人:ここは日当たりもいいですし。

奥様:ご近所さんにも恵まれて、本当にいいところです(笑)。まだ先の話ですけど、子どもたちが巣立っていった後は、自分の趣味でインテリアを統一するのも楽しみにしているんです。今は子育て中で、どうしても家の中がごちゃごちゃしてしまいますからね。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥様:うちはもともと少人数で住むつもりで建てた家なので、収納があまりないんですよ。だから、見えるところに物が全部出ている感じです(笑)。よく「収納はあればあるほど物が増えるので考えもの」などと言いますが、なかったら困るでしょう? やっぱり多いにこしたことはないと思います。これから建てる方は、居住スペースと収納スペースのバランスをよく考えて建ててもらえたらと思います(笑)。

■木造在来工法2階建て

竣工2010年5月
屋根
敷地面積
延床面積
施工床面積