高性能住宅

熊本工務店の高性能住宅

 熊本工務店では、「断熱」と「気密」が一定の基準以上の住宅を「高性能住宅」と考えています。どうして熊本工務店が高性能住宅をオススメしているかご説明します。

断熱性能とは保温の性能

魔法瓶のような家

 断熱性能は「家を保温する性能」と言い換えられます。断熱性能を高めるためには、家を建てる際に高性能な断熱材をできる限り厚く施工します。それにより、断熱性能が高まり、熱が逃げ逃げづらくなる事で保温性能が高まります。

 これは、魔法瓶の仕組みに似ています。冬、ペットボトルややかんのお湯はすぐに冷えてしまいますが、魔法瓶に入れていると温かさが長持ちします。夏、コップやペットボトルの冷水はすぐに温もってしまいますが、魔法瓶に入れているといつまでも冷たいままです。

 住宅も同様ですが、「高性能住宅」にはもう一つ重要な要素があります。それが気密性能です。魔法瓶がいくら優れていても、蓋が開いていたらお湯はすぐ冷め、冷水はすぐ温かくなってしまいます。しっかりと蓋が閉まっている状態(気密が高い状態)は、隙間が無く熱が逃げにくくなります。高い断熱性能に高い気密性能が合わさる事で、本当の高性能住宅になるのです。

高性能住宅=省エネ住宅

 高性能住宅には隙間がないので、暖房をつけると家全体がすぐ温まり、保温性が高いので冷えにくくなります。冷房の場合も同じです。コストを抑えて室内を快適温度に保つ事ができます。このように高性能住宅は、冷暖房に必要なエネルギーを大幅に減らす事ができます。そのため、「高性能住宅」「省エネ住宅」とも呼ばれているのです。

断熱性能とは保温の性能

 高性能住宅の住み心地を表すと「快適」の一言に尽きます。家中どこにいても「冬暖かく、夏涼しい」というのは、想像もつかない事だと思います。住み心地を体感するには、実際に高性能住宅へ訪問するか、高性能住宅にお住まいの方から話を聞くのが一番です。訪問は、真夏の暑い日や、真冬の寒い日が特にオススメです。真冬でも床暖房が無くても床がほんのり暖かく、脱衣室もお風呂もトイレも寒くないのです。快適さだけではなく、ヒートショックを防ぎ、いつまでも健康に過ごせます。

住み心地

快適性に関するお客様の声(一例)

快適性に関するお客様の声

 もちろん住む人によって感じ方は異なりますが、上記の「快適性」に関する声は、実際に高性能住宅にお住まいの方々からいただいたものです。是非ご自身で体感してみてください。

高性能住宅の特徴

 高性能住宅を建てる際は、断熱・気密の層となる「建物の外皮部分」に一番コストがかかります。そのため、たとえ床面積が同じでも、建物の形によって外皮の面積が異なり、費用にも差が生じます。

高性能住宅の強み

冷暖房効果がアップする

 高気密高断熱な高性能住宅は、家中の温度差がほぼありません。一般的に冷暖房は、単純に「室温を上げる・下げる」というだけですが、高性能住宅の場合、空気と一緒に家具・構造、さらには基礎に至るまで、建物の全体を暖め・冷やします。それにより、家全体が熱エネルギーを蓄えて、「冬に暖かく、夏に涼しい」家になるのです。もし、吹雪が吹き荒れる様な極寒の日に窓を開け、家の空気を全て入れ替えたとしても、家具や構造体が蓄えた熱エネルギーのおかげで寒さを感じません。そのため消費電力を抑えて、冷暖房効果を最大限に発揮する事ができるのです。ですから、吹き抜けのあるような広いリビングでも、エアコンは1台で大丈夫です。

高性能住宅の暖房イメージ

防音性能に優れている

 隙間の無い高性能住宅は優れた防音性能をもっています。家の外を走る電車や車の音はほとんど聞こえません。また、室内でピアノを演奏したり音楽をかけたりしても、ほとんど外に漏れません。その代わりに家の中で音がよく響くため、トイレと居室の距離をできるだけ離すなど、設計上の配慮が必要です。

吹き抜けに最適

 高気密・高断熱な高性能住宅は、リビング階段・吹抜け・勾配天井など、空間をフル活用した大空間がつくれます。吹き抜けは「夏は暑く、冬は寒い」というのが常識でしたが、高性能住宅なら暑さや寒さの心配がなくなるため、安心して開放的な吹き抜けのある空間を実現する事ができるのです。

吹き抜けのメリット

 吹き抜けを通して1階や2階、スキップフロアなどの家族とも会話ができ、家族のコミュニケーションが溢れる、明るい家庭が築けます。さらに、設計の幅を広げる事ができ、壁やドアを減らせるためコスト削減にもつながります。凸凹の少ないシンプルなデザインにすると、さらにコストを抑える事も可能です。

 ●その他にも以下のようなメリットがあります。

性能面
1:室内が明るくなる 吹き抜けに窓を設ければ、採光を取り入れられるため光熱費が安くなります。
2:冷房や暖房の効率が良くなる 冷暖房の風が家中を隅々まで巡ります。エアコン1台で室温管理ができ、光熱費が安くなります。
3:換気性能が向上する 理想的な24時間換気の環境が生まれ、湿気対策の効果が増します。
心理面
4:室内を広く感じる 天井が高くなり縦空間にゆとりができて実際の面積より広く感じられる
5:開放的で明るい気持ちになる 採光を多く取り入れる事で開放感が感じられ、気持ちが明るくなります。
6:家族の絆が深まる 声が通りやすいため、家の離れた場所にいてもコミュニケーションが取りやすくなり、絆を深める事ができます。
吹き抜けの施工実例
  • 吹き抜けの施工実例
  • 吹き抜けの施工実例
  • 吹き抜けの施工実例
  • 吹き抜けの施工実例