お客さまの声

宣伝費より材料費にお金をかけて、地震に強い家をつくってくれる姿勢に惹かれました。

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:この先も、家賃をずっと払い続けるよりは、いつかはマイホームを持ちたいと思っていました(笑)。結婚して子どもが生まれて、自分たちのライフスタイルが定まってくると、この地域なら自分たちのライフスタイルにあった暮らしができそうだなっていうことが、分かってくると思うんです。例えば、私の場合、実家が山鹿なので、私や妻の通勤のことや、子どもの教育環境のことも考えて、熊本市内に近い地域で家を建てられたらと思っていました。

熊本工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:土地探しも含めると3~4年間くらいは、ずっと家を建ててくれる建築会社を探していました。大手の住宅メーカーさんが入っている総合住宅展示場なんかも含めて、回れるだけ回りましたね。

奥様:そんなとき、主人のお父さんから熊本工務店さんのことを教えてもらったんです。

ご主人:父が地元の山鹿で家を建てたときに知り合ったサッシ屋さんが、熊本工務店さんをおススメしたみたいなんです。職人さんは、日ごろから色々な家を見ていますから、そんな方から「熊本工務店はちょっと、すごいよ」と言われたら「行ってみたい」ってなりますよね。職人さんからの紹介は、やっぱり安心材料の一つになりました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:総合住宅展示場はぐるっと、あるだけ見て回りました。ただ、外観が好みじゃないところは外しましたけど(笑)。

奥様:ダイワハウスとかセキスイハウスとかいった大手ハウスメーカーをはじめ、レンガの家とか、いろいろな家を見て回りました。

ご主人:ただ残念なことに、どこも私たちの好みの住宅ではなかったんです。どの家も部屋数や広さは十分あったし、部屋の中も今風のインテリアにはなっていました。ただ「これでは、今、住んでいるアパートとそんなに変わらない」という気がして、私たち家族が暮すイメージがどうしても湧かなかったんです。だから、展示場ではいろいろ見て回りながら、知識を得ていったという感じですね。

奥様:それに展示場の家は、大きすぎて現実的には絶対建てられないと思いました。

ご主人:展示場以外には、完成見学会へも行きましたよ。ただ、心の中にはいつも「この建築会社に決めていいのかな」という想いがありましたね。

最終的に、熊本工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:それはもう、やっぱり木をふんだんに使った家を建ててくれるという点です。木のどういった部分に魅力を感じるかは、人によって違うと思うんですけど、私の場合は木目です。木目が、カッコいいなと思っていました。せっかく自分の城を持つんだから、自分がカッコいいと思える家がいいじゃないですか(笑)。

奥様:他には、震災のことも大きかったです。

ご主人:ちょうど建築会社を決めようとしている時期に、あの震災があったんですが「まわりの家は倒壊しているのに、熊本工務店さんの家だけは残っているよ」という話をいろいろと聞いたんです。それで、どうせ建てるならどっしりと強い家がほしいと思いました。

奥様:金額だけで比較するなら、熊本工務店さんより安いハウスメーカーさんや工務店さんってあると思うんですけど、少し高くても安心や安全を優先した感じです。

ご主人:せっかく家を建てたとしても、また地震が起こって倒壊したら意味がない。じゃあ、「家の質が大切」となった時に、大手のハウスメーカーだと宣伝費に大きな予算を使って、その分を建築費に乗せてるとういう話も聞きます。それで、家の質と安全性がどこまで保てるのかは正直疑問に思います。

奥様:その点、熊本工務店さんは、宣伝とかにお金をかけず、材料にお金をかけてくれます。実際、震災の後「熊本工務店の家が、全然潰れなかった」という話を聞いたりすると、他の建築会社と比べて金額が高くても、安心や安全な家がいいと思いました。

以前お住まいだった家での不満点はありますか?

奥様:それほど不満はなかったんですけど、お風呂はやっぱり狭かったですね。今は、広くなって、何の問題もありません。

ご主人:騒音については、構造が鉄筋コンクリートのアパートということもあったので、ある程度の遮音効果はあったと思うんですが、それでも多少は気をつかった生活をしていました。

光熱費についてはいかがですか。新しい家では安くなりましたか?

奥様:安くなりました。前の家は、プロパンガスだったので高かったんです。今は、オール電化になったので、水道や光熱費を全部含めて、月1万円くらいは安くなったと思います。

ご主人:前の家に比べると、2分の1くらいは安くなったと思います。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:どういう順番で、どういう手続きをすればいいのかが全くわからなかったので、その点は不安でした。だから、その都度、営業部長の野田さんに確認しながら進めていきました(笑)。他には、悩みでもあり楽しみでもあったんですが、頭の中にアイデアやイメージがいろいろ湧いてくるので、それを一つ一つ絵に描いたり現場の方に見せたりすることが、結構忙しかったことです。

奥様:主人は仕事が終わっても真っ直ぐ帰宅せず、まず建築現場へ寄ってから帰ってきていましたから。そのときに大工さんと綿密に話をして細かい点を詰めていけたから、今、満足のいく家ができたんだと思います。

熊本工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:できれば、施主側で行う手続きや申請の順番などの全体の流れがわかる資料があると良かったかなと思いますね。あとは、私の同僚で、同時期に家を建てた人がいたんですけど、エコポイントについての情報については、同僚の家を建てた工務店さんの方が詳しかったので、そうしたお得な情報も、もっと詳しく教えてもらえると良かったかなと思います。

逆に、熊本工務店の対応で、良かったところを教えてください。

ご主人:まずは、担当していただいた野田さんですね。長期間にわたって根気よくおつき合いいただいて感謝しています。こちらも、パパっと決めていけばよかったんでしょうけど、色々とこだわりがあったので「いや、まだまだ。」とか思いながら時間がかかってしまいました(笑)。ずっと関わっていただいたというのが嬉しかったですね。

奥様:あとは、大工職人の古田さん。たぶん古田さんじゃなかったら、私たちの要望に応えられなかったんじゃないかと思います(笑)。

ご主人:文字どおりの職人肌で、私との相性もよかったです。

奥様:一番いいなと思ったのは安全面への配慮ですね。手間がかかるので、普通の大工さんはやらないそうですが、木材の角を綺麗に丸く仕上げてくれたりしました。気を配ってくれているのが嬉しかったです。

ご主人:古田さんとは現場で何度もお話しさせていただいたんですけど、「将来の熊本工務店」を語られているような瞬間があって、「よか人だな」と思ったんですよ。誠実な方ですよね。

以前はできなかったことで、新しい家でどんなことをしましたか?

ご主人奥様:バーベキューです!(笑)

奥様:冬だというのに、寒い中、もう何回もしましたよ。やっぱり子どもが喜びますよね。自分で焼いたりするのも楽しいみたいです。

ご主人:バーベキュー中に撮った動画を宣伝用に使ってもらっていもいいくらい楽しませてもらっています(笑)。

奥様:今、コロナの影響で、あまり外に遊びに連れていってやれないので、家でこうやって家族で楽しめる環境があるのはとても嬉しいです。

ご主人:燻製づくりのセットも買ったんですよ。まだ試していないんですけど。春になったらチャレンジする予定です(笑)!

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

ご主人:工務店さんに頼るのはもちろんいいのですが、家を建てる人も自分で調べたりした方がいいかなと思います。絵が描ければ絵でもいいですし、その他の方法でも現場監督さんや大工さんとイメージを共有されるといいと思います。自分のこだわりの部分を正確に伝えられたらいいですね。