お客さまの声

せっかく建てるなら大工職人がしっかりしている建築会社がいいと思いました

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:私の父が熊本工務店の家を好きで、いろいろ見て回っていたんです。それで、今はもう亡くなられてますけど当時の会長さんや社長さんとも父が親しくさせていただいていたところ「今回、この土地を分譲するので、もしよかったら息子さんにどうですか?」と言われたことがきっかけです。だから、もともと家を建てようと考えていたわけではなかったんです。でも、マイホームを建てるなら若いうち、早いほうがいいというし、今なら場所も選んでいいよということだったので、「ここはちょっと頑張って建ててみるか!」という気になって購入しました。

熊本工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:今、お話ししたとおり父の紹介です。父は仕事柄、いろいろな家を見て回っていたんですけど、「いいな」と思った家は、ほとんど熊本工務店の家だったようです。私も熊本工務店が建てている最中の家を見せてもらったことがあるんですけど、和風建築で「いいな」と思う家は、やっぱり熊本工務店の家なんですよね。それからは、建物の外観を見ただけで「あっ、これは熊本工務店の家だな」と分かるようになりました(笑)。

他に比較検討された工務店やハウスメーカーはありますか?

ご主人:ないですね。総合住宅展示場とか他の工務店やハウスメーカーなんかも、一度も行ったことないです。逆に熊本工務店が建てた家は、「建築中」「完成直後」「ある程度築年数が経った家」という感じで、全て見せてもらいました。中には突然お邪魔させていただいたのに、迷惑がるどころかオーナーさんが進んで「見て! 見て!いいでしょ?」という感じで、色々と案内してもらいました(笑)。やっぱり皆さん、熊本工務店の家を自慢にしているんですよね。だから私は、他の建築会社は気にせず、熊本工務店一筋だったんです。

最終的に、熊本工務店を選んだ理由を教えてください。

ご主人:それはやっぱり、せっかく建てるなら大工職人がしっかりしている建築会社がいいと思ったからです。最初から、熊本工務店にお願いしようというのはありましたけど、職人の腕に問題があったら、お願いしようとはならなかったと思います。やっぱり、木を使った家を建てるなら、大工職人は腕が立つ方がいいと思います。だから、先ほど話したように、熊本工務店の家をたくさん見せてもらって、納得してお願いすることができました。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

ご主人:以前はアパートだったので、一部屋一部屋が狭かったですね。自分で「こうしたい」と思って考えた間取りではないので、動線も悪くて使い勝手が悪かったですし。日当たりが悪いのも不満でした。

新しい家で、その不満は解決されましたが?

ご主人:もちろん解決しました。部屋も広くなって明るいし、「自分の城」という感じです。気分もゆったりです(笑)。妻は、キッチンやお風呂が広くなったのが嬉しいようです。

お子様:部屋が広くて、弟、妹、友達、みんな集まって遊べるのが嬉しいです。

ご主人:子どもたちは、皆、生まれたときからここやけん、ここしか知らんのですけどね(笑)。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:当時は出張が多くて、最初にある程度「こんな感じ」って言ったあとは、熊本工務店の社長さんと妻に任せっきりだったので、私自身はストレスや不安や苦労もなかったです。その後、建築関係の仕事に携わるようになっていろいろ勉強したら、「ここはもうちょっとこうしておけばよかったかな」ということは正直出てきたかな(笑)。建築当時としてはそんな感じで、苦労は特になかったです。「限られたスペースの中でどういうふうにつくるか」について、熊本工務店にすごく考えてもらったと思います。

熊本工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:施工に関しては、何の問題もなかったです。しいて挙げるなら、土地の広さがちょっと減ったぐらい(笑)。最初の契約のときから、建てるときには3坪減ってしまったんですよ。開発地域内の調整池の面積規定の関係に、少し押しやられた格好です。なので熊本工務店に非があるわけじゃないですが「3坪減ったけん、その分、安くなるだろう?」と社長に聞いたら「ごめん。変わらん」と言われました(笑)。まだ開発途中の土地を買ったんですから、それくらいは仕方ないと思っていますよ。一番に買ったからこそ、気に入ったよい場所の土地を選べたわけですしね(笑)。あとは、メンテナンス対応がちょっと遅いので、そこはがんばってもらいたいと思います。

逆に、熊本工務店の対応で、よかったところを教えてください。

ご主人:皆さん、いい方ばかりでしたね(笑)。業者さん方もそうでしたし、社長も本当フレンドリーでした。ですから、うちも信頼してお任せしたし、お互いに気持ちが楽だったと思います。

以前はできなかったことで、新しい家でどんなことをしましたか?

ご主人:庭が広いので、ゴルフの打ちっぱなしができる空間を作りました。当時、足場屋さんに頼んで、要らなくなった単管なんかをたくさんもらってきて、ネットを張って、大がかりな囲いをつくって、意気込んで手づくりしました。ただ、残念なことに2カ月後、台風が来て倒れて、起こせなくなって、今でもそのままになってしまっています(笑)。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

ご主人:家を建てるに当たってデザイン性を重視する人、コストを重視する人、耐久性を重視する人、それぞれいると思うんですけど、全部が全部100%満足できる家を造るっていうのはちょっと難しいと思います。今は情報が多いので、ついあれもこれもと欲張りがちです。欲張れば欲張るほど不満につながるので、自分にとって最優先なのはどの点かということを見極めておく方がいいと思います。私は「木のしっかりした和風の家」をイメージして、そのとおりに建ててもらいましたので不満がないんです(笑)。情報はいくらでも得られるので、あとは自分が勉強することも大切です。いろいろなところを見て、「ここのこういうところがいいな」と工務店さんに伝えれば、できる範囲で取り入れてくれると思いますよ(笑)。

■木造在来工法2階建て

竣工2008年5月
屋根
敷地面積
延床面積
施工床面積