お客さまの声

熊本地震の時、揺れはひどかったのに家の不具合は全くありませんでした

家を購入しようと思ったきっかけを教えてください

ご主人:長年、続けてきた水道工事の仕事で、独立しようと考えたことがきっかけでしたね。当時、住んでいた賃貸アパートとは別に仕事場を借ることも検討したんですけど、仕事柄、材料や道具を保管できる広い場所が必要だったんです。そこで、どうせ家賃をダブルで支払うくらいなら、広い土地を購入して家を建てた方がいいと思ったんです。それに、独立すると「持ち家」があるほうが、信用にもなったりするんで、経営上も自分の家を持っておいたほういいと思いました。あとは、やっぱり男なんで「自分の城」を持ちたいと言うのがありました。

奥様:もう1つの理由は、子どもたちの学校です。通わせたい中学校があったので、中学校に上がるまでには校区内に引っ越したいと考えていました。

熊本工務店を、いつ、どのように知りましたか?

ご主人:義理の兄の紹介です。熊本工務店でお世話になっていたので。あと、私も水道工事で関わることもあったので、熊本工務店のことは以前からよく知っていました。

他に比較検討されたハウスメーカーはありますか?

ご主人:特にないですね。もう、初めから熊本工務店で建てると決めていました。妻は、何社か気になる気になる建築会社はあったみたいですけど。

奥様:光の森ができ始めた時に、住宅展示場みたいのがあったので、興味本位でチラッと見ました。家を建てるぞ!っていう感じではなくて、一戸建ての雰囲気ってこんな感じなんだ~という具合です。だから、値段とかも特に聞きませんでした。

ご主人:もともと土地を持っている人なら、土地代にかかる費用を建築費用に回してモデルハウスみたいな豪勢な家を建てることもできると思うんですけど、自分達の場合は、限られた予算の中で建てるしかなかったので、総合住宅展示場にあるような家は、参考にならならないと思っていました。

以前お住まいだった家に、どんな不満がありましたか?

ご主人:以前住んでいたアパートは3LDKのファミリータイプだったので、そんなに狭いと感じることはなかったです。ただ、お風呂は規格サイズだったので、やっぱり手狭だなとは思っていました。

奥様:私は、集合住宅はまわりに気を遣わなければいけないのが、ちょっと窮屈だったかな。あと、以前はアパートの5階だったんですよ。冬は寒い車に乗るのが嫌だから、わざわざ一度1階まで下りて車のエンジンをかけて、いったん5階の自宅に戻って、車の中が温まるのを待って、そしてまた1階に下りてということをしていたんです。それがすごい面倒くさかったです(笑)。

ご主人:車のフロントグラスが凍ってる日なんかは、一度車の前まで行って凍っていることに気づくので、またお湯を取りに5階に上がったりしていました。あとは、子どもたちの学校の校区は今のところがいいなと以前から思っていました。

新しい家で、その不満は解決されましたか?

奥様:お風呂については広くてキレイになって嬉しいかぎりです。あと、キッチンも広くて使いやすくなりました。車も、今なら目の前なので、パッと行ってすぐにエンジンをかけられます(笑)。

ご主人:希望の校区内にちょうどいい土地が見つかったのもラッキーでした。

建築前や建築中に不安だったこと、悩んだこと、苦労したことはありますか?

ご主人:私も家づくりにかかわる人間ですので、ある程度のことはわかっていますから、特に苦労や不安はありませんでした。しいて言えば、断熱材にグラスウールを使うのはやめておけばよかったかなというのはあります。建てるときの費用は安くなっても、光熱費が割高になったりするので。まあ、今となってはですけど。あの時、断熱性能にもうちょっとこだわっていればよかったかなと思います。

奥様:私は、図面とか見ても何が何だかよく分からないので、全部お任せでした(笑)。

熊本工務店の対応で、残念だったところを教えてください。

ご主人:2階にある既製品のドアだったんですけど、少し曲がっていることに点検のときに気がついたんですけど、それを直してもらうのに約3年かかったことです。

奥様:対応が遅かったのは残念でしたね。

ご主人:他は特にないです。あとは、私が頼んだ通りに建ててもらいました(笑)。

熊本工務店の家で良かったところはどこですか?

奥様:そうですね。熊本地震の時には、もうこの家に住んでいたんですけど、1回目の時に、全然揺れなかったことです。一度外に出たんですけど、また家に戻って寝ました。近所の人からは、近くの避難所に行かないんですかって、すごく心配されたんですけど、家が全然大丈夫だったので。ただ、2回目の時は、揺れがすごかったです。ただ、それでもお皿が一枚割れたくらいで、家の不具合は全くありませんでした。

以前はできなかったことで、新しい家でどんなことをしましたか?

ご主人:それはもうやっぱり、ほら、バーベキューですね。

奥様:バーベキュー(笑)。あとは、広い庭で遊ぶこと。娘は庭でバレーボールをしていますし、ワンちゃんのためにドッグランもつくったんです。芝生を敷いたのも何もかも、全部手づくりなんですよ(笑)。

ご主人:仕事の道具置場・材料置場の小屋もつくりました。車も、以前のように狭くて決まった枠の中にぴっちり停めなさいというんじゃなくて、好きなように自由に停められるのがいいですね(笑)。

最後に、これから家を建てる方へアドバイスをお願いします。

奥様:どうかな。住宅展示場には、もちろん行ったほうがいいと思いますけど、なんかキリなくなりそうな気はしています(笑)。

ご主人:私は、「見えない部分のお金は、絶対ケチったらダメ」と言いたいです。建築関係の仕事をしているので言えることですが、見えるところは、安い部材を使ったとしてもキレイに見せることができるし、いくらでもやり直すことができます。でも、見えない部分は、一度造ってしまうと、もうやり直しができません。だから、見えない部分には、ちゃんとお金をかけてしっかりしたものを造ったほうがいいと思います。今は、地震もいつおこるかわかりません。地盤改良も、仮に改良しなくていいとなっても、もしもの時があるので、一度は検討すべきだと思います

■木造在来工法2階建て

竣工2014年12月
屋根
敷地面積
延床面積
施工床面積